雛祭り|桃の節句│初節句│宅配 仕出し,初節句│赤ちゃんの服装│桃の節句│雛祭りの紹介ページ ケータリング・お食い初め・仕出し弁当・宅配弁当 東京 季膳味和/ときぜんみわ


  • ケータリング 白重
  • 敬老の日
  • うなぎ弁当
  • お食い初め膳 通販
  • 仕出し弁当・宅配弁当 素の弁当
  • あったかご馳走弁当
  • 折弁当・デリ 筥膳/はこぜん
  • 仕出し、懐石弁当、季膳イメージ
  • 組筥/くみはこ

 お食い初め(百日お祝い)用のお料理各種取り揃えてございます 東京都内近郊以外のお客様は一部商品を全国お届可能な通信販売にてご利用いただけます 




 




仕出し弁当 懐石弁当タイトル

「桃の節句」というのは、

女の子が健やかに成長し幸せになるようにという将来を祈るお祝いです。


桃の節句の由来は、平安時代の貴族が薬草を摘み、その薬草で体の穢れをお祓いして健康と厄除を願う「上巳の節句」が始まりとされています。


古代中国で行われていた上巳の節句には、河で禊ぎを行い身を清めた後で宴会を行うという習慣がありました。日本で平安時代で取り入れられたあと、ひな祭りの起源となっている「流し雛」が行われるように発展していきました。 流し雛とは、自分に降りかかる災厄を身代りに引き受けさせ、川に流して不浄を祓うというもので、現在でも残っている地域もあります。


室町時代になると上巳の節句は3月3日に定着し、紙の雛人形ではなく、豪華なお雛さまを飾って宮中でお祝いが行われるようになりました。時代は進み、江戸時代になると女の子の人形遊びである「ひいな遊び」と節句の儀式が結びつき、「ひな祭り」として全国に広まっていきました。 3月3日にひな祭りを行うのは、ちょうど桃の花が咲くころで、桃には魔除けの力があるとも考えられていたことから、節句を祝うのにふさわしいものとして、「桃の節句」と呼ばれるようになりました。

桃の節句に雛人形を飾ることは、生まれた子どもが健康で優しい女性に無事に育つようにという願いを込め、子どもに災いが降りかからないようにという願いを込め、今に伝えられています。 女の子が産まれてから初めての桃の節句に雛人形を飾り、家族の皆で健やかな成長と災厄よけを願ってお祝いをすることが「桃の節句(雛祭り)初節句」です。最近では桃の節句(雛祭り)初節句を行わない家庭も多いと聞きますが、大切な赤ちゃんの一生を守ってくれる大切な儀式ですから、しっかりと行ってください。



桃の節句(雛祭り)初節句には雛人形を飾り、お祝いの膳として桃の節句の料理を用意します。 桃の節句の料理には、はまぐり、よもぎ、えび、はす、豆などを用意しましょう。それぞれに縁起を担ぐ意味があります。

  ●はまぐり 女の子の美徳と貞節を意味しています
  ●よもぎ 薬用効果があり、菱餅の緑色の部分に使われています
  ●えび えびの赤は生命を表します
  ●はす 見通しのいい人生を意味しています
  ●まめ 健康でまめに働くことを意味しています



これに加え、鯛やちらし寿司や最近では手毬寿司を用意するのが一般的です。
菱餅が必ずあり、一般的には赤、白、緑の3色です。(地方によって5色や7色の菱餅もあります。)
赤は魔除けの「桃」を意味し、 白は純潔の「雪」を意味し、 緑は健康の「草」を意味しています。


桃の節句の雛人形は、紙で作る流し雛が原型ですが、江戸時代に入り、何段もある豪華な雛人形として発展してきました。台をつけたり段を組んだり、立派な飾りつけをするようになり、現在のような形になりました。

雛人形を飾る時期は、立春の2月4日から2月中旬までに飾り付け、3月の中旬までには片付けます。また、雛人形を飾る前日に桃酒や菱餅などの飾り物お供えします。


桃の節句は家族みんなで祝うもの。ですから、当日は両家の両親を招き、縁起の良い御馳走でもてなすのが習わしです。
また、よく言われる「早く片づけないとお嫁に行き遅れる」というのは、片付けのできない娘は良いお嫁さんになることができないよ、という戒めの意味が込められています。 桃の節句のひな祭り。女の子の無事な成長を祝う大切な日本の伝統行事です。
ひな人形を飾って、素敵なパーティーを楽しみましょう。おいしいお料理でお祝いしてあげたいものですね。








総2件 整列 : [価格] [名前]